工法紹介

  • HOME »
  • 工法紹介

STTG工法とは

地下トンネル、地下ピット、よう壁などのコンクリート構造物の打設継目、クラックなどからの漏水を確実に止水します。また耐久性に優れます。

工法の特徴

  1. 伸び、付着強度などに優れる石油樹脂・アクリル系材料を主材としていますので、地震などにより躯体に変位が生じても目地の開きに追随します。
  2. 吸水性ウレタンプレポリマーを含有する硬化促進剤を注入直前に撹拌混合し、その吸水効果により主材の硬化時間を画期的に早め、多量の漏水でも確実に止水します。
  3. 設備の延命化が可能となり、維持管理コストの削減をはかれます。

 

工法の概要

コンクリート面のひび割れ等に対し、等間隔となるようにドリルで注入孔を空けて注入ピンを設置します。注入装置により、Y字混合機先端のノズルを注入ピンに差込み、二液を同時に注入します。

材料物性

 主材硬化促進剤
アルファー・ゾル-STTGアルファー・ゾル-ゲル化剤
外観白色水性分散液淡黄色液体褐色液体
主成分アクリル樹脂
石油樹脂
高分子アルコール
水溶性ポリイソシネートウレタンプレポリマー
ポリイソシネート

性能

1ゲルタイム5分~20分漏水源に十分に行き渡った後確実に止水する。
2材料の伸び200%以上例えば1mmの隙間が3mmになっても追随する。
3材料の引張強度0.5N/mm2以上水深50mの水圧に耐える。
4材料の付着強度付着強度≧引張強度材料が破断しても付着している。
[試験データ一例]
供試体温度20℃ 硬化促進剤混合率5%の場合
→ゲルタイム16分、伸び280%、引張強度0.75N/mm2、付着強度0.84N/mm2

 

 

サーモグラフィーによる止水効果確認

20170223_01クリックすると拡大した画像をご覧になれます。

技能認定に関する資料は以下の通りとなっております。

  • STTG工法標準施工品質マニュアル(PDF)
  • 技能認定制度に関する規則(PDF)
  • 補修レポート(PDF)
  • 登録情報

    【東京都建設局の技術認定登録】
    ・登録日:2016年11月1日
    ・登録番号:1601010

    【NETIS】
    ・登録日:2015年2月13日
    ・技術名称:STTG工法
    ・NETIS登録NO.KT-140103-A
    ・NETIS関連情報はこちらから参照してください。

    【特許】
    ・出願日:2012年11月22日
    ・登録日:2013年6月28日
    ・特許権者:東京電力パワーグリッド株式会社、
     東京電設サービス株式会社、三生化工株式会社、他2社
    ・発明名称:止水材、止水工法、及び注入装置
    ・特許番号:特許第5300162号

    技術論文リスト

    1. 青木研一郎, 安部雄大, 深澤久雄:水殿発電所水殿ダム右岸スラストブロック止水工事の概要: 電力土木, N.365,pp.19~22,2016.9
    2. 小椋明仁, 桑原弘昌, 佐野正樹:長期耐久性を目指したコンクリート地下構造物漏水補修工法の開発: 電力土木,N.368,pp.52~56, 2013.11

    安全データシート(SDS)

    • 安全データシート(SDS) アルファー・ゾル-STTG(PDFテキスト
    • 安全データシート(SDS) アルファー・ゾル-ゲル化剤(PDFテキスト

交通アクセス

MAP拡大表示

〒146-0095

東京都大田区多摩川2-8-1

(TDS多摩川事務所 1階)

 

TEL: 03-6715-4395

FAX: 03-6715-4396

 

<アクセス>

東急多摩川線

矢口渡駅から徒歩5分

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人STTG工法協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.